皮膚科

Sweet病の病態、診断、治療

Sweet病の病態


出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/Sweet%E7%97%85

別名:好中球性皮膚症

臓器疾患に由来する皮膚病変。

発熱、末梢好中球増加、好中球浸潤紅斑を三徴とする。

関節リウマチなどの自己免疫疾患、白血病やMDSなどの血液腫瘍を合併することが多いため、皮膚以外の臓器疾患に由来する皮膚病変(デルマドローム)と考えられている。

前駆症状として、上気道炎感染症状などが見られた1~4週間後に、有痛性の滲出性紅斑が多発する。

Sweet病の診断

病理所見:真皮への好中球浸潤

血液検査:好中球↑

Sweet病の治療

安静、NSAIDs、コルヒチン内服

重症例:ステロイド内服

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA