内分泌代謝内科

インスリン自己免疫症候群の病態、原因

インスリン自己免疫症候群の病態

インスリン自己抗体が産生され、インスリンに結合する。

そのため、インスリンが働かないので、耐糖能異常をきたす。

しかし、結合は弱く、結合が外れ、インスリン濃度が上昇すると、空腹時に低血糖をきたす。

高インスリンとなる理由は、インスリンの作用が働かないため、インスリンが出続けるからと考える。

インスリン自己免疫症候群の原因

約半数で-SH基をもつ薬剤(メチマゾールなど)の使用

インスリン自己免疫症候群の診断

抗インスリン抗体陽性

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA