内分泌代謝内科

インスリン自己免疫症候群の病態、原因

インスリン自己免疫症候群の病態

インスリン自己抗体が産生され、インスリンに結合する。

そのため、インスリンが働かないので、耐糖能異常をきたす。

しかし、結合は弱く、結合が外れ、インスリン濃度が上昇すると、空腹時に低血糖をきたす。

高インスリンとなる理由は、インスリンの作用が働かないため、インスリンが出続けるからと考える。

インスリン自己免疫症候群の原因

約半数で-SH基をもつ薬剤(メチマゾールなど)の使用

インスリン自己免疫症候群の診断

抗インスリン抗体陽性

 

 

【医師限定】「メドピア」登録で2,000円もらえるキャンペーン中!

医師向けに、薬剤情報提供サービス「メドピア」ができました。

現在会員募集に力を入れている段階で、2,000円分のポイントがもらえる登録キャンペーンを実施中です。

すでに会員の医師からの紹介で登録すると、2,000円分のポイントがもらえます。

私の紹介で良ければシリアルコード【ycflqt】で登録してみてください。

詳しい登録の手順は「メドピアの登録のやり方」にまとめました。

シリアルコード【ycflqt】で登録!

メドピアの登録のやり方は?シリアルコード・紹介コードを入力するのはここ!メドピアの登録のやり方をわかりやすく解説します。 シリアルコード・紹介コードの入力を忘れると2,000ポイントをもらうことができま...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA