血液内科

NAPスコアの意義

NAPスコアとは?

NAP(neutrophil alkaline phosphatase)とは、好中球アルカリホスファターゼという酵素。

細菌などを貪食(どんしょく)し、殺菌する際に使われる。

NAPスコアとは、NAP活性の程度を示す。

よって、正常な成熟白血球がたくさん活動していると高値、少ないと低値となる。

NAPスコア低値 CML、発作性夜間ヘモグロビン尿症

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA