小児科

デュシャンヌ型筋ジストロフィーの病態、症状、診断、治療

デュシャンヌ型筋ジストロフィーの病態

ジストロフィンという蛋白が先天的に欠損していることで筋力低下や筋萎縮をきたす。

デュシャンヌ型筋ジストロフィーの症状

登はん性起立や腓腹筋肥大が特徴。

腓腹筋肥大は代償性か?

デュシャンヌ型筋ジストロフィーの診断

CK↑も特徴。筋原性の疾患なので、CK上昇と考える。

ジストロフィン遺伝子検査でジストロフィン蛋白の欠損があれば確定診断。

デュシャンヌ型筋ジストロフィーの治療

治療は対症療法しかない。

 

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA