小児科

一過性多呼吸の病態、治療

一過性多呼吸の病態

出生後の肺水の吸収が遅れ、肺胞や間質に液体が貯留して起こる一過性の呼吸障害。

新生児の呼吸障害で最多なので、覚えておくべき。

帝王切開の児に多い。

陣痛での胎児へのストレスによる肺水吸収、産道通過時の胸郭圧迫による肺水排出が起こらないから。

一過性多呼吸の治療

経過観察

行うとしても多呼吸やチアノーゼに酸素投与程度。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA