泌尿器科

切迫性尿失禁と溢流性尿失禁の違い

切迫性尿失禁と溢流性尿失禁の違い

切迫性尿失禁 溢流性尿失禁、尿閉など
病態 中枢神経障害により蓄尿できなくなる 末梢神経障害により排尿ができなくなる
神経因性膀胱での障害部位 仙髄より上位の中枢神経 仙髄
末梢神経障害
疾患 脳血管障害
Parkinson病
馬尾神経障害
糖尿病性神経障害
腰椎椎間板ヘルニア

脳血管障害やParkinson病などの中枢神経の疾患では、蓄尿障害が出るため、切迫性尿失禁となると考える。

一方、仙髄より下位や末梢神経障害では、排尿障害により尿閉となると考える。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA