血液内科

慢性骨髄性白血病の急性転化とは?

慢性骨髄性白血病の急性転化とは?

慢性骨髄性白血病を無治療で3〜5年放置すると、

慢性期→移行期→急性転化期と進行する。

急性転化すると、貧血、出血傾向、感染症、芽球増加などといった急性白血病と同じ症状をきたして死亡する。

チロシンキナーゼ阻害薬の登場によりあまり見られなくなったが、服薬しないなどで進行して生じることもある。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA