血液内科

アスピリン喘息の病態、症状、原因、治療

アスピリン喘息の病態


出典:https://pharmacista.jp/contents/skillup/academic_info/antipyretics/3616/

NSAIDsを服用することで、COX-1が阻害される。

その結果、気管支拡張に関与するプロスタグランジンE2の合成が低下する。

PGE2が低下すると、マスト細胞が刺激されて気管支を収縮させるロイコトリエンが過剰に産生されることで、気管支が収縮する。

アスピリン喘息の症状

鎮痛薬や感冒薬服用後の

呼吸困難、喘鳴、咳嗽

アスピリン喘息の原因

NSAIDsの服用

アスピリン喘息の診断

喘息と同じ

アスピリン喘息の治療

発作時は喘息と同じで、短時間作用性β2刺激薬吸入が1st

リン酸エステル型ステロイドの点滴静注。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA