血液内科

無形成発作の病態、原因

無形成発作の病態

急激に貧血が進行すること。

遺伝性球状赤血球症などの溶血性貧血患者が伝染性紅斑に感染すると起こる。

ヒトパルボウイルスB19は赤芽球系前駆細胞を標的細胞とするので、感染すると、赤血球の正常な産生ができなくなる。

遺伝性球状赤血球症ではもともと赤血球の寿命が短縮しているので、ヒトパルボウイルスB19による赤血球産生低下が重なると急激な貧血をきたす。

無形成発作の原因

遺伝性球状赤血球症などの溶血性貧血患者が伝染性紅斑に感染など

 

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA