血液内科

無形成発作の病態、原因

無形成発作の病態

急激に貧血が進行すること。

遺伝性球状赤血球症などの溶血性貧血患者が伝染性紅斑に感染すると起こる。

ヒトパルボウイルスB19は赤芽球系前駆細胞を標的細胞とするので、感染すると、赤血球の正常な産生ができなくなる。

遺伝性球状赤血球症ではもともと赤血球の寿命が短縮しているので、ヒトパルボウイルスB19による赤血球産生低下が重なると急激な貧血をきたす。

無形成発作の原因

遺伝性球状赤血球症などの溶血性貧血患者が伝染性紅斑に感染など

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA