整形外科

発育性股関節形成不全の病態、症状、診断、治療

発育性股関節形成不全の病態

出生後の発育過程の環境因子が原因で、大腿骨頭が後外側に変位する。

家族性に発生。女児に多い。

放置すると将来OAとなる。

発育性股関節形成不全の症状

開排制限、脚長差

発育性股関節形成不全の診断

X線:大腿骨頭の位置異常
超音波検査

Shenton線(大腿骨頭部内側縁と閉鎖孔上縁がつくる曲線)の乱れあり


出典:109I23

発育性股関節形成不全の治療

乳児期:リーメンビューゲル装具

リーメンビューゲル装具で改善しない場合:牽引療法

 

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA