仮想通貨

リップル社による2018年の仮想通貨市場の動向の予測とは?

リップル社が語る2018年の仮想通貨市場の動向の予測について書きたいと思います。

※リップル社のポジトークがかなり含まれていますので、ご注意ください。

1.2018年にICO市場は崩壊する

If 2017 was the birth of the ICO, 2018 will be its demise

Ripple CEO Brad Garlinghouse has said several times over the course of last year that Initial Coin Offerings (ICOs) are toxic and many investors will get burned — badly. The first half of the new year will no doubt see this unfortunate prediction come to fruition. Regulators worldwide are already cracking down hard on many illegitimate, fraudulent ICOs and the people behind them. It wouldn’t surprise us if we see a proliferation of lawsuits, fines, and even jail time for some. We expect this will drive significant volatility in the crypto space, but only in the short term.
引用:https://ripple.com/insights/2018-predictions/

上の引用はリップルの公式サイトの記事を引用したものです。

内容は、2017年に誕生したICOが2018年には消滅するという内容となっています。

この予測は2018年の最初の半年のうちに実現するはずだということです。

違法で詐欺的なICOが取りしまわれることになり、その結果仮想通貨市場が大きく変動するといっています。

この主張には、私も同意見です。

日本でもガクトさんが仮想通貨事業に関する事業を起こすということが話題になりましたよね。

同様に、ビジネスプランを公開してそのビジネスを実現するための資金を仮想通貨を用いて集めるというのがICOなわけです。

でも、資金が集まったからといってそのビジネスが実現するとは限りません。

資金が集まっても何もプロダクトができないということも少なくないのです。

むしろ初めからプロダクトを作ることを目的としていなくて、ただ資金だけを目的とした詐欺的ICOも存在しています。

こういった現状はあきらかに仮想通貨市場において長期的に見た場合に有害であるといえるでしょう。

2018年にはICOまわりの法整備が整うことを期待したいと思います。

2.仮想通貨は最もいい投資先だ

Digital assets: the best versus the rest

We also expect this period of uproar to shine a spotlight on the best digital assets (tokens) with the strongest use case, backed by real, legitimate businesses. Digital assets that solve real problems will emerge as winners. Period. Those that are nothing more than an experiment will scramble to find them. CryptoKitties is just one example of what we’ll see more and more over the next few months — half-baked attempts to find a use case for coins that never had a purpose to begin with. So while much of the general global public has heard of bitcoin or ethereum, or even Cryptokitties, demand for alternatives to these will grow exponentially. Which brings us to my next major prediction for 2018: We expect the digital asset market to surpass the $1 trillion mark before year end. And you know what that means…
引用:https://ripple.com/insights/2018-predictions/

「最も強力な使用ケースのある仮想通貨が最も注目されるでしょう」

リップルのことでしょうかね・・・

「現実の問題を解決する仮想通貨が勝者となるでしょう。」

リップルは国際送金を高速で安価でより確実なものにするとされています。

なので、リップルが仮想通貨の中で勝者となるということを言っているのでしょう。

「ビットコインかイーサリアムのどちらかに対する需要が加速度的に大きくなるでしょう。」

ビットコインかアルトコインのどちらかが仮想通貨の基軸通貨としての覇権をとるということでしょうかね。

次が重要そうです。

「仮想通貨市場は年の終わりより前に1兆ドルを超えるでしょう」

すでに2018年1月7日時点で仮想通貨市場の時価総額が8280億ドルとなっています。

なので、このままいけばすぐに超えることは確実ではないでしょうか?

とにかく、仮想通貨市場にはこれからも目が離せませんね。

3.見逃すかもしれない恐れと相互運用性

FOMO and interoperability

Buyers that aren’t already exposed will have major FOMO — and dive in by the droves. We also wouldn’t be surprised to see new funds focused entirely on crypto funds spring up everywhere. Last but certainly not least, there won’t be one blockchain or digital asset to rule all. Those that think there will be one dominant network or cryptocurrency will fall by the wayside. In 2018 and beyond, the name of the game will be interoperability.
引用:https://ripple.com/insights/2018-predictions/

「まだ仮想通貨を買っていない人は、見逃してしまうかもしれないという恐れを抱くでしょう。

そして、そういった人たちも市場に入ってくるとのことです。

すべてを支配する1つのブロックチェーンや仮想通貨はないでしょう。

2018年におけるゲームの名前は”相互運用性”だ。」

まとめると、こんな感じになると思います。

つまり、今まで仮想通貨に関心がなかった人たちも市場へ入ってくるということを述べていますね。

また、すべてを支配する仮想通貨はでてこないという見解がしめされているのは興味深いですね。

これだけ仮想通貨があり、背景にある技術レベルが違うと1つにまとまるというのは無理な話ですよ。

最後に相互運用性というキーワードが出てきました。

おそらく国際的な仕様が開発されて、同じネットワークを共同で運用していこうという動きが出てくるということなのでしょうか?

多分これもリップルのネットワークに関することを述べているのだと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA