呼吸器内科

ばち指はなぜ起こる?見分ける2つのポイントは?

ばち指はなぜ起こる?

ばち指の発症機序は不明。

ばち指の発症機序は不明であるが,いくつかの仮説がある.①組織低酸素説:チアノーゼ性先天性心疾患によるばち指の原因として考えられているが,そのメカニズムは不明である.②指尖の血管拡張説:動静脈吻合の形成や液性因子(プロスタグランジンやNO(一酸化窒素)など)による.その結果として末梢循環血液量の増大により,間質の浮腫をもたらす.③神経-肺-体循環系反射説:ばち指が迷走神経支配の臓器の疾患に発症しやすいことに基づく.④遺伝素因説などの諸種仮説がある.

出典:https://kotobank.jp/word/%E3%81%B0%E3%81%A1%E6%8C%87-861016

ばち指を見分ける2つのポイントは?

 


出典:http://cazzy-gp.blogspot.com/2017/08/blog-post.html

ばち指の特徴は2つある。

・末節骨部分の厚さ(DPD)>遠位指節間関節部の厚さ(IPD)

※正常は末節骨部分の厚さ(DPD)は遠位指節間関節部の厚さ(IPD)より小さい

・爪と爪甲基部が作る爪郭角>180°

※正常は160°未満となる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA