外科

便潜血はなぜ2回とるか?

便潜血はなぜ2回とるか?

便潜血検査は大腸癌のスクリーニングとして行う。

感度を高めるために、連続した2日間で1日1回ずつ合計2回の便をとる。

これは、採取した便にたまたま血液が含まれていない可能性があるからだと考えられる。

血液培養を2セット提出するのと同じ理由。

1回でも陽性だったら、大腸内視鏡検査、注腸造影などの精密検査を行う。

一般的には『2日法』という方法で、便を連続した2日間で1日1回ずつ合計2回とることが多いです。そのうち1回でも陽性の場合には、二次検診として大腸内視鏡検査、あるいは注腸造影検査という精密検査を受けることをお勧めします。

出典:http://jpop-voice.jp/cancer/daicho/i/1107/I/02.html

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA