外科

中毒性巨大結腸症の病態

中毒性巨大結腸症の病態


出典:http://tyabu7973.hatenablog.com/entry/2016/11/06/000000

劇症型の大腸炎によって、名前通りに、腸管が拡張する疾患。

腸粘膜の炎症が筋層に達して、炎症反応で産生された一酸化窒素が結腸の蠕動運動を行う筋肉を弛緩すると考えられている。

それにより、腸管が動かなくなるので、ガスなどが排泄されずに巨大化すると考える。

全身に中毒症状をきたす。

潰瘍性大腸炎(UC)の重症例に合併する。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA