呼吸器内科

ブリンクマン指数とパックイヤーの違いは?

ブリンクマン指数とパックイヤーの違いは?

ブリンクマン指数とパックイヤーはどちらも喫煙量を定量化したもの。

喫煙が原因となる疾患のリスクを評価するために使われる。

※タバコ1箱=20本

ブリンクマン指数

ブリンクマン指数=1日の喫煙本数×喫煙期間

400〜 肺癌が出現し始める
600〜 肺癌高危険群
1200〜 喉頭癌高危険群

パックイヤー

パックイヤー=1日の喫煙箱数×喫煙年数

20パックイヤーで約20%にCOPD。

60パックイヤー以上だと約70%にCOPD。

統計上は、COPD患者の90%に喫煙歴があり、COPDの発症率は20pack-yearsの喫煙者では19%(約20%)、60pack-years以上の重喫煙者では約70%になります。

クリニカルパールとしては、記憶しやすいように「喫煙歴20pack-yearsの患者の20%がCOPDである」と覚えておきましょう。

出典:http://www.kameda.com/pr/pulmonary_medicine/20packyears20copd.html

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA