血液検査

Ca補正式とは?低アルブミン血症のときに使う?なぜ?

Ca補正式って、ポリクリを回っているとよく質問されますが、式だけ丸暗記していてもすぐに忘れてしまいます。

忘れないためには、やはり仕組みを理解することが大切です。

今回は、Ca補正式をなぜ使うのか、どんなときに使うのかをテーマにわかりやすく説明させていただきます。

Ca補正式とは?

Ca補正式は以下のようになります。

補正Ca濃度(mg/dL)=実測Ca濃度(mg/dL)+4-Alb(g/dL)

測定されたCa濃度に4を足して、アルブミン値を引くことで補正Ca濃度を求めることが可能です。

この4という数値は、アルブミン値の正常値の下限値になります。

なぜ、アルブミン値の正常値を引くかの説明は後述。

しかし、この数式だけ丸暗記していても、すぐに忘れてしまいます。

どんなときに使うのか、なぜ使うのかを理解していなければ、実際の現場でも役に立たない知識になるでしょう。

 

Ca補正式は低アルブミン血症のときに使う?

Ca補正式は低アルブミン血症のときに使います。

低アルブミン血症とは、アルブミン値が4.0~5.0g/dL未満になった状態のことです。

よって、アルブミン値が3.0g/dLだと、Ca補正式を使って補正Ca濃度を求めた上で、Caの値を評価することになります。

アルブミンが低値となる場合は、以下のときです。

アルブミンが低値となる場合

・肝臓の疾患(慢性肝炎、肝硬変、肝不全、ウィルソン病)

・腎臓の疾患(慢性腎臓病、糖尿病性腎症、ネフローゼ症候群)

・悪性腫瘍

・低栄養状態

・高齢者

 

Ca補正式をなぜ使うのかをわかりやすく説明する

血液中のCa濃度は、イオン化Ca「Ca2+」(50%)、アルブミンなどの血清タンパクと結合したCa(約40%)、一連の陰イオンとの複合体「バイカーボネート、ラクテート、リン酸塩など」(10%)に分けられます。

そして、通常の血液検査では、これらすべてを合わせた総Ca濃度を測定しているのです。

ちなみに、これらの3つのCaの形態の中で生理的に活性をもつのは、イオン化Caだけになります。

なので、本当はイオン化Ca濃度だけを測定できればよいのですが、採血条件が難しいため総Ca濃度が測定されているのです。

低アルブミン血症になると、アルブミンなどの血清タンパクと結合したCaが減少してしまいます。

すると、イオン化Ca濃度が正常にもかかわらず、総Ca濃度が減少してしまい、数値上は低Ca血症となってしまうのです。

そのため、アルブミン値を正常値としたときの総Ca濃度である補正Ca濃度を求めることで、通常の基準値を実測値に適用することができるようになります。

 

POSTED COMMENT

  1. より:

    アルブミンが減ってもCa自体の量は減らないのではないでしょうか
    遊離Caが変化しないのはなぜですか??

    • 管理人 より:

      >>アルブミンが減ってもCa自体の量は減らないのではないでしょうか
      確かに、アルブミンが減ってもCa自体の量は減らないですね。
      ただ、アルブミンが減って遊離Caが増加すると、身体には電解質を保つ働きがありますから、
      Caの排出が増加して遊離Caの量が調整されると考えられます。

      >>遊離Caが変化しないのはなぜですか??
      アルブミンが減っても遊離Caが変化しないのはなぜかという疑問と解釈します。
      アルブミンの減少は緩徐でしょうから、一時的に遊離Caが増加しても、身体の恒常性を保つ働きによって
      Caの排泄が増加し、遊離Caは変化しないと考えられます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA