腫瘍内科

ニボルマブ(オプジーボ)とは?作用機序や副作用は?わかりやすく解説

ニボルマブ(オプジーボ)の作用機序や副作用についてわかりやすく解説させていただきます。

ニボルマブ(オプジーボ)とは?

ニボルマブ(オプジーボ)は、悪性黒色腫の治療を目的に開発された分子標的薬です。

分子標的薬

特定の分子に作用し、その分子による働きをコントロールすることで疾患を治療する薬。

免疫チェックポイント阻害薬ともいわれています。

免疫チェックポイント

自己の細胞に対する免疫応答を抑制するために、細胞に発現している分子がT細胞の特定の分子に結合することで自己が攻撃されないようになる仕組み

商品名はオプジーボ。

今では、非小細胞肺癌、腎細胞癌、胃癌、古典的ホジキンリンパ腫、頭頸部癌、大腸がんに適応が拡大されています。

 

ニボルマブ(オプジーボ)の作用機序は?

ニボルマブ(オプジーボ)の作用機序をわかりやすく説明します。

そもそも正常な細胞には、自己に対する免疫応答を抑制するための仕組みがあるのです。

この仕組みをがん細胞は悪用することで、がん細胞はT細胞による免疫応答を逃れて、増殖することができます。

ニボルマブ(オプジーボ)の作用機序は、がん細胞がT細胞による免疫応答から逃れる仕組みを阻害するというものです。

その結果、がん細胞は免疫応答から逃れることができなくなるので、T細胞によって攻撃されて、治癒します。

ニボルマブを例に考えてみましょう。

T細胞上に発現するPD-1タンパク質とがん細胞上に発現するPD-L1タンパク質とが結合することでがん細胞はT細胞に攻撃されなくなります。

ニボルマブ(抗PD-1抗体)は、T細胞上に発現するPD-1タンパク質に結合することで、PD-1タンパク質とPD-L1タンパク質との結合を阻害するのです。

その結果、がん細胞はT細胞による免疫応答から逃れることができず、攻撃されて、治癒するということになります。

 

ニボルマブ(オプジーボ)の副作用は?

免疫チェックポイント阻害薬であるニボルマブの副作用は、従来の抗癌剤に比べて、少ないです。

また、ニボルマブは免疫を活性化するという仕組みから、副作用は自己免疫によって起こる炎症が原因であるものになります。

以下の引用によると、特に注意すべき副作用はこちらです。確かに自己免疫疾患で起こる症状ばかりですね。

ニボルマブで起こる副作用は多岐にわたりますが、自己免疫疾患で起こる症状が起こると理解しておけば覚えやすいのではないでしょうか。

・間質性肺炎

・大腸炎・下痢

・肝機能障害・肝炎

・甲状腺機能障害

・infusion reaction

免疫チェックポイント阻害薬は,免疫機構による抗腫 瘍効果を介して臨床効果を発揮する.そのため,副作用 の発現内容とパターンは従来の細胞傷害性化学療法とは 大きく異なり,自己免疫によると考えられる炎症性の副 反応がみられる10) .国内第 II 相試験の日本人進行性悪性 黒色腫患者における観察では,有害事象がみられた患者 は 30 例 (85.7%),薬剤関連の有害事象と判断された患 者は 16 例 (45.7%) であった.最も高頻度に発現した薬 剤関連の有害事象は,FT3 減少,FT4 減少および ALP 増加であった13) .Grade 3/4 の薬剤関連の有害事象の発 現率は 6 例 (17.1%) であり,最も高頻度に発現した有 害事象は,γ-GTP 増加 (4 例,11.4%),AST 増加 (2 例, 5.7%),および CRP 増加 (1 例,2.9%) であった13) .有害 事象の発現時期は一般的に治療開始後の最初の 6 ヶ月間 であった14) . ニボルマブで特に注意すべき副作用は間質性肺炎, 大腸炎・下痢,肝機能障害・肝炎,甲状腺機能障害, infusion reaction である.これらが強くみられた場合は, 投与中止を検討し,適切な処置を行わなくてはならな い.また,新たな副作用として劇症 1 型糖尿病も報告さ れている.

引用:免疫チェックポイント阻害薬はがんの治療の未来をどう変えるか

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA