呼吸器内科

COPDの急性増悪とは?治療は?

COPDの急性増悪(ぞうあく)とは?

COPDの急性増悪とは、息切れ、咳嗽、喀痰の増加などをきたし、安定期の治療の変更が必要となる状態のこと。

原因は、呼吸器感染症が多い。

COPDの急性増悪の治療は?

治療はABCアプローチを行う。

A:antibiotics 抗菌薬

B:bronchodilators 気管支拡張薬

C:corticosteroids ステロイド

さらに、呼吸不全があれば、酸素療法や換気補助療法を行う。

ポイントは、急性増悪なので、長期管理とは違って即効性のある治療が必要であること。

なので、気管支拡張薬としては短時間作用性β2刺激薬。

同様に、ステロイド吸入は即効性がないので、ステロイドは経口投与と考える。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA