111回医師国家試験

瞳孔括約筋と瞳孔散大筋の違い

瞳孔括約筋と瞳孔散大筋の違い


出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11126799411

瞳孔括約筋 瞳孔散大筋
筋肉の走行 瞳孔の周囲に環状に走る 瞳孔の周囲に放射状に走る
縮瞳時の動き 収縮 弛緩
散瞳時の動き 弛緩 収縮
神経支配 動眼神経
自律神経支配 副交感神経 交感神経

筋肉の名前は収縮時にどう動くかから付いているので、括約は閉めるということなので、縮瞳では瞳孔括約筋が収縮すると考える。

同様に考えると、瞳孔散大筋が収縮するときは散瞳が起こると覚えられる。

また、瞳孔括約筋と瞳孔散大筋は、逆方向に動く。

瞳孔括約筋は縮瞳時に収縮するので、副交感神経支配であり、動眼神経に支配されている。

一方、瞳孔散大筋は散瞳時に働くので、交感神経支配である。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA