111回医師国家試験

死の確徴3つは?

死の確徴3つは?

死の確徴とは、死の確実な証拠のこと。

死後2日くらいまでに現れる早期死体現象である以下の3つを意味する。

死の確徴
死斑 血管内の血液が重力によって死体の最も低い部分に集まる
死後硬直 筋肉が収縮したままになる
体温降下 エネルギー産生が停止するため、環境の温度に近づく

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA