救急科

GCSとJCSの違いと覚え方

GCSとJCSは頻出なのでまとめる。

GCSの覚え方

GCSは現場に瞬時に判断が必要なので、ゴロではなく直接覚えていた方が良い。

いちいちゴロから辿って考えているのはありえない。

英語 日本語 点数
E Eye Opening 開眼 1〜4点
V Best Verbal Response 最良言語機能 1〜5点
M Best Motor Response 最良運動反応 1〜6点

まずは、EVMが何を表し、何点満点で評価されるかを覚える。

最低の点数は1点であることに注意する。

なので、どんなに悪くても各1点にしかならない。

VとMは最良〜なので、もっとも良い状態の部分で評価するのがポイント。

これは麻痺の評価ではなく、あくまでも意識の評価をするため。

Eの覚え方

E4 自発的に開眼 自(4)然に
E3 呼びかけにより開眼 さん(3)ざん声かけて
E2 痛み刺激により開眼 つ(2)ねって
E1 痛み刺激でも開眼しない 開眼しない

ゴロなしで覚えた方が使える知識になる。

Vの覚え方

出典:レビューブック

V5 見当識あり
V4 意味のない会話
V3 意味のない単語
V2 発声
V1 発語なし

手の動きで覚える。

Mの覚え方

出典:レビューブック

M6 指示に従う
M5 痛み刺激部位の認識し、払いのける
M4 痛みにより手が屈曲し、逃避だけ
M3 病的屈曲
M2 伸展
M1 反応なし

体の動きで覚える。

最良の反応で評価するのがポイント。

部位によって異なる所見が得られた場合は、点数の高い方を採用する。

例えば、麻痺と合目的な運動が見られた場合、合目的な運動の点数を採用する。

JCSの覚え方

意識清明
Ⅰ:刺激しないでも覚醒している
意識清明とはいえない
時、人、場所がわからない(見当識障害あり)
自分の名前、生年月日が言えない
Ⅱ:刺激すると覚醒する状態
10 呼びかけで容易に開眼
20 大きな声で体を揺さぶると開眼
30 痛み刺激でかろうじて開眼
Ⅲ:刺激しても覚醒しない状態
100 痛み刺激に対して、払いのける動作
200 痛み刺激に対して、少し手足を動かしたり顔をしかめる
300 痛み刺激に対して、全く反応しない

まず、JCSは一桁、二桁、三桁があり、1,2,3,10,20,30,100,200,300と悪化していくと数字が増えると覚える。

JCSの評価方法

まず、負傷者に近づいた時に目を開けていたら覚醒しているので、一桁

次に、本人と話をする。

はっきりしない
周りのことがわからない(時、人、場所)
自分のことすらわからない(名前、生年月日)

はまじと覚える。

また、負傷者に近づいた時に目を開けていなくて、刺激すると覚醒する場合はⅡ。

刺激の内容により、3つに分かれる。

呼びかけで容易に開眼 10
大きな声で体を揺さぶると開眼 20
痛み刺激でかろうじて開眼 30 3を殴っている拳と考える。殴っている拳=痛み刺激

最後に、負傷者に近づいた時に目を開けていなくて、どんなに刺激しても覚醒しない場合はⅢ。

呼びかけ→大きな声で体を揺さぶる→痛み刺激

と刺激をエスカレートさせていくと考える。

Ⅲは開眼はしないが、痛み刺激による反応で分類する。

痛み刺激に対する反応
払いのける動作 100
少し手足を動かしたり顔をしかめる 200
全く反応しない 300

払いのける動作→少し手足を動かしたり顔をしかめる→全く反応しない

と反応が弱まっていくと考える。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA