外科

食道がんの再建術で胸腔内、胸骨後、胸壁前のメリットとデメリットは?

食道がん再建術の経路のメリットとデメリットをまとめる。

食道再建術の経路は3つある。

食道につなげる大腸や小腸をどこを通すかで、胸腔内、胸骨後、胸壁前に分かれる。

胸腔内(後縦隔)経路

メリット

・経路が最も短いので、縫合部の緊張が少なくなり、縫合不全が起こりにくい

・生理的経路なので嚥下障害などが起こりにくい

デメリット

縫合不全が起こると、膿胸となり致命的となる

 

胸骨後経路

最もポピュラーな方法か。現在は後縦隔経路が普及しつつあるとのこと。

胸骨の裏側に消化管を通す経路。

メリットとデメリットは胸腔内経路と胸壁前経路の中間といったところか。

胸壁前経路

皮膚と胸骨の間に消化管を通す経路。審美的な点を無視すれば1番安全性が高い再建経路と考えられる。

メリット

縫合不全が起こっても、ドレナージが簡単で安全

デメリット

食べ物が通るのがわかり、膨らんで見えるので、見た目が悪い

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA