健康

飲酒後のサウナ入浴が危険な理由は?

飲酒後のサウナは危険と言われています。

お酒を飲んだ後はサウナに入ると健康に良いイメージがありますが、実は違うんですね。

今回は、飲酒後のサウナが危険な理由について説明させていただきます。

飲酒後のサウナが危険な理由

飲酒後のサウナが危険な理由は、飲んだ後にサウナに入ると熱中症になる危険性があるからです。

まず、お酒には尿作用があります。

そのため、体の水分が排出されるので、脱水状態になりやすくなるのです。

サウナに入ると、高温のためたくさんの汗をかきますよね。

すると、さらに脱水症状が酷くなってしまいます。

脱水に陥ると、循環血液量が少なくなり、血圧が下がるのです。

血の循環が悪くなるので、熱の排出ができなくなるとともに、脱水により汗による熱の排出もできません。

そのため、体温を下げることができなくなり、熱中症になってしまうと考えられます。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA