111回医師国家試験

絨毛性疾患とは?

絨毛性疾患とは?

妊娠中に子宮内の胎盤をつくる絨毛細胞が異常に増殖する疾患。

胞状奇胎
侵入奇胎
奇胎後hCG存続症
絨毛癌
胎盤部トロホブラスト腫瘍
など

がある。

絨毛性疾患の治療

胞状奇胎は子宮内容除去術。

奇胎娩出後はhCG値を測定して管理。

しかし、その後、侵入奇胎や絨毛癌に進展した場合、悪性腫瘍として、

化学療法や外科的手術などを行う。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA