循環器内科

過換気とアセチルコリンで冠攣縮が起こる理由

過換気とアセチルコリンで冠攣縮が起こる理由

過換気による呼吸性アルカローシスにより冠攣縮が誘発される。

正常であれば、アセチルコリンにより血管内皮細胞からNOが分泌され、冠動脈は拡張する。

しかし、冠攣縮性狭心症の患者では、動脈硬化のために血管内皮細胞機能が異常をきたしているので、NOの分泌が阻害され、冠動脈が収縮し冠攣縮が誘発される。

冠攣縮性狭心症患者では,アセチルコリンの投与により冠動脈は著明に収縮し冠攣縮が誘発されるのに対して,正常者ではむしろ冠動脈は拡張します。これは,冠動脈の血管内皮細胞機能が正常であれば,アセチルコリンはムスカリン受容体の刺激により内皮細胞から平滑筋を強力に弛緩する内皮由来弛緩因子,つまり一酸化窒素(NO)を分泌し冠動脈を拡張させるからです2)3)

一方,動脈硬化のために血管内皮細胞機能が異常をきたしていれば,NOの分泌が阻害され,冠動脈が収縮することによって,冠攣縮が誘発されます。

出典:https://www.jmedj.co.jp/journal/paper/detail.php?id=9463

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA