神経内科

関節拘縮とは?症状、病態、機序、原因は?

関節拘縮の症状は?

関節拘縮とは、関節の可動域が制限されることで、関節の伸展や屈曲が難しくなることです。

関節拘縮の機序や病態は?

関節拘縮の機序や病態は、関節を構成する関節包・靭帯・筋肉・筋膜・皮下組織・皮膚などが線維化することで起こります。

線維化することで、関節が固くなり、伸展や屈曲ができなくなるわけです。

関節拘縮の原因は?

関節拘縮の原因は、以下のようなものがあります。

・脱臼

・骨折

・関節炎

・やけど

・中枢神経麻痺による筋肉の短縮

・長期間の関節固定

関節拘縮は英語でArthrogryposis

関節拘縮のあるYoutuberの方が服を着脱する様子の動画を公開されています。

この方は左手の肘がずっと伸展したままになってますね。

かなり大変そうです。

関節拘縮では、このような症状が起こるということが分かると思います。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA