婦人科

カウフマン療法とは?

カウフマン療法とは?

エストロゲン(卵胞ホルモン剤)を21日間投与。

後半の10日間は卵胞ホルモン剤に加えて、黄体ホルモン剤を併せて内服することで、正常排卵周期と同じホルモン環境を作り、規則正しい月経を起こす治療法。

正常の女性においては、卵胞期に卵胞からエストロゲンが分泌され、排卵後の黄体期には黄体からエストロゲンとプロゲステロンが分泌される。

このような、月経周期におけるホルモンの変化を薬剤により作り出すことで、月経を誘発することができると考えられる。

あわせて読みたい
月経周期とホルモン変化理解のために必要な用語解説 卵胞 卵子を含む球状の細胞の集合。 排卵により卵子を放出する。 月経 子宮壁の...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA