小児科

高張性脱水とは?

高張性脱水とは?

定義 血清Na濃度が高い脱水
血清Na濃度 150mEq/Lを超える
病態 血漿が高浸透圧になるため、細胞内から細胞外に水が移動し、細胞内液の減少は顕著となるため、中枢神経系の興奮や口渇が現れる。
症状 興奮
口渇:脱水なので当たり前?
症状の覚え方 「コウはコウコウ」
高張性脱水は興奮と口渇が出る

高張性脱水とは、血清Na濃度が高い脱水のこと。

高張性とは、血管内が高張になるという意味。

血清Na濃度が150mEq/Lを超えるもの。

血漿が高浸透圧になるため、細胞内から細胞外に水が移動し、細胞内液の減少は顕著となる。

そのため、中枢神経系の易刺激性(興奮)や、中枢からの刺激による強い口渇感が現れることがあると考える。

高張性脱水は興奮と口渇が出るので、「コウはコウコウ」と覚える。

細胞内から細胞外に水が移動するため、循環血液量の減少は軽度なので、典型的な脱水症状があまり現れず、軽症と診断されることがあるので注意が必要。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA