循環器内科

心筋梗塞の心電図波形の推移まとめ

心筋梗塞の心電図における異常波形は?


出典:https://med.toaeiyo.co.jp/contents/ecg/pdf/ecg2-3.pdf

心筋梗塞における心電図の代表的な異常波形は以下の3つです。

・ST上昇
・異常Q波
・冠状T波(左右対称の陰性T波)

なので、心筋梗塞疑いの症例では、ST上昇、異常Q波、冠状T波がないかという目で心電図を見るのが重要であると考えます。

心筋梗塞における異常波形

・ST上昇 : 電極直下の冠動脈の閉塞、あるいは高度狭窄

・異常Q波 : 閉塞部の電位がなくなっている (対側のR波をみている)

・冠性T波 : 心筋障害

・ST低下 : 心筋全体の虚血

出典:http://citec.kenkyuukai.jp/special/index.asp?id=25694

 

心筋梗塞の心電図波形の推移は?


出典:http://citec.kenkyuukai.jp/special/index.asp?id=25694

T波の増高→ST上昇→異常Q波→冠性T波

という順番に異常波形が見られる。

その後は、ST上昇や冠性T波は徐々に消失していき、異常Q波のみが残る。

心電図は過去の心電図と比較が重要だと言われるのは、異常Q波がずっと残るからだと考えられる。

過去の心電図と現在の心電図で共通して異常Q波があれば、過去の心筋梗塞による異常Q波の可能性が考えられるだろう。

しかし、現在の心電図のみしか見なかった場合は、異常Q波がいつから出ているかがわからないので、いつ起きた心筋梗塞により異常Q波が出ているかがわからないからである。

心筋梗塞の心電図波形の推移

・発症直後 ・・・・・・・ 超急性期T波

・数分~数時間 ・・・・・ ST上昇

・数時間~24時間以内 ・・ 異常Q波

・12時間~1週間 ・・・・・ STが基線に戻り、二相性Tから冠性T波

・数ヶ月~1年 ・・・・・・ 冠性T波は陽性に戻る場合もあるが、異常Q波は残る

出典:http://citec.kenkyuukai.jp/special/index.asp?id=25694

急性期心筋梗塞の時間経過ごとの心電図変化

発症からの時間 心電図の異常波形
数分〜数時間 ST上昇
数時間〜24時間以内 異常Q波

救急でくるのは発症から数時間以内のものが大半。

なので、数分~数時間で現れるST上昇を見逃さないのが大事だと考える。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA