循環器内科

慢性心不全の治療薬は?

慢性心不全の治療薬は?

慢性心不全の治療薬は、ACE阻害薬、ARB、β遮断薬です。

心不全では、心機能低下を代償するために、交感神経やレニン・アンジオテンシン系が亢進します。

その結果、心室リモデリングが起こるので、交感神経やレニン・アンジオテンシン系を抑えることで長期予後を改善することができると考えられます。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA