113回医師国家試験

内的妥当性と外的妥当性の違い

内的妥当性と外的妥当性の違い

妥当性の意味は、 実情によく当てはまり適切であるということ。

内的妥当性とは、研究そのものの妥当性

内的が研究の中身であると考えれば覚えやすい。

外的妥当性とは、研究が一般集団や個人に当てはまるかどうかの妥当性

外にあるということから、一般集団や個人への適応と考える。

例えば、割付重視の分析(ITT)は、被験者の脱落による選択バイアスを防止するので、内的妥当性を高めると考えられる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA