腎臓内科

線維筋性異形成とは?

線維筋性異形成とは?

線維筋性異形成とは、中年女性の腎動脈に好発する動脈が狭窄する疾患。

原因は不明。

80-85%でstring and beads signという所見が見られる。

血管撮影所見

type 1:string and beads signと言われる狭窄と拡張が認められ、最も頻度(80-85%)が高い.

type 2: 長い管状の狭窄 long tubular stenosisが、認められる(6-12%).

type 3: 一側の動脈の壁の憩室様拡張で頻度は非常に低い(4-6%).


出典:http://komiyama.me/Kodomo/FMD.html

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA