感染症内科

細菌性とウイルス性の違い

細菌性とウイルス性の違い

細菌 ウイルス
症状の特徴 局所 全身症状が強い
病原体の増殖場所 細胞外 細胞内
白血球数
重症だと↓もある
※いわば兵隊の数。白血球減少のときにも本来は血液培養を積極的に取らないといけない
正常〜やや↓
白血球分画 左方移動 異型リンパ球がでることがある(伝染性単核球症など)
抗菌薬が有効か? 有効 無効
治療薬 抗菌薬 HIV、ヘルペス、HBV、インフルエンザなど:抗ウイルス薬

その他のウイルス:
対症療法(安静、輸液)

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA