腎臓内科

食事療法まとめ

食事療法とは?

食事療法とは、栄養バランスや摂取エネルギー量を調節すること。

食事療法で気をつけるべき点は以下の4点を覚える。

・総エネルギー量

・塩分摂取量

・食物繊維摂取量

・3大栄養素のバランス

総エネルギー量

適切なエネルギー摂取量の求め方は以下の通り。

エネルギー摂取量
=「標準体重」×身体活動量
=「(身長)^2×22(適切なBMI)」×身体活動量の目安

BMI値が22前後が最も病気になりにくいとされているため。

身体活動量の目安は、普段の運動量から当てはまる目安を考える。

身体活動量の目安

肥満者(体重を減らす必要があるため) 20~25kcal/kg
軽労作(デスクワーク主体) 25~30kcal/kg
普通の労作(立ち仕事主体) 30~35kcal/kg
重い労作(力仕事主体) 35~kcal/kg

塩分摂取量

18歳以上男性・・・8g未満/日
18歳以上女性・・・7g未満/日

高血圧予防をするなら、6g未満/日

とかく塩分摂取量が多いとされる日本の場合、厚生労働省が2014年3月に発表した「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」の報告書によれば、18歳以上の男性は1日当たり8.0グラム未満、18歳以上の女性は1日当たり7.0グラム未満という目標量が定められています。さらに、日本高血圧学会減塩委員会は、高血圧予防のために、1日6グラム未満という制限を勧めています。

出典:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO77445710U4A920C1000000/

食物繊維摂取量

食物繊維摂取量・・・20~25g以上/日が推奨

3大栄養素のバランス

3大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質のエネルギーバランスを以下の割合に調整する。

炭水化物 55~60%
脂質 20~25%
タンパク質 15~20%

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA