外科

外科手術の結紮法をまとめる

 

片手結びが1番簡単だと思います。

片手結びによる男結びの手順

普通に結ぶ

男結び
親指と人差指で糸を両手でそれぞれもつ

残った3本の指で糸を包み込む

中指、薬指に手の甲側(外側)から糸をかけて、下に引っ張る感じにする

中指ではじめから持っている糸をとって、輪の中を通す

手を返して引っ張る

逆の手で同じことをやる

追記:糸結びの注意点

結紮は糸を皮膚に通した状態から行う。あらかじめ結ぶことは必要ない。

※右で一回、左で一回と手を変えて一回ずつ結んだらOK。

右、左、右とまでやるとより安心か。

 

こちらの動画がわかりやすいです。

 

 

 

手術の助手の注意点(追記)

閉創のときに、結紮後に余ったひもを切ることを手伝うことがある

だいたい、筋層を縫ったあとに、皮膚を縫う場合が多い。

このとき、筋層の糸は抜糸しないので、ハサミを皮膚に押し当てて根本で切る。

皮膚の糸は抜歯をするので、0.5cmくらい残して切るようにする。

※糸を切るときは、ハサミの根本で切るようにする(根本で切らないと組織を一緒に切る可能性があるので危ないから)

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA