外科

手術器具の名称と用途まとめ

手術器具の名前と用途をまとめる

持針器(じしんき)

持針器(じしんき)とは、外科手術で用いられる縫合針を持つための器具。

針を持ちやすいように、先が網目状になっている。


出典:https://www.kango-roo.com/sn/k/view/2922

鉗子(かんし)

物をつかんだり、牽引したりするために使われる器具。

鉗子の先は、縦線がラインが無数にはいっている。

これにより、物をつかみやすくなっていると考えられる。

出典:https://www.nazme.co.jp/product/product_type/4-0-surgical-anatomical-tool/4-03-forceps/

鑷子(せっし)

ピンセットのこと。

物をつまむのに、使用される。


出典:http://inami.co.jp/category01/detail/?contents_type=9&id=1715

剪刀(せんとう)

手術で用いるはさみのこと。


出典:https://www.matsuyoshi-online.jp/category/12_02/

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA