腫瘍内科

多発性骨髄腫のCRAB(クラブ)の覚え方は?症状のこと?

多発性骨髄腫とは?

多発性骨髄腫は形質細胞のがんです。形質細胞ががん化することで、骨髄腫細胞というものになることで、発症します。

骨髄腫細胞は増殖を続け、Mタンパクという抗体として役に立たないものを産生するのです。

骨髄腫細胞やMタンパクによって、多発性骨髄腫の症状が起こることになります。

形質細胞

B細胞から分化してでき、抗体を作る働きをもつ。

 

多発性骨髄腫の症状はCRAB(クラブ)と覚える?

多発性骨髄腫の症状は、CRAB(クラブ)というゴロで覚えることができます。

それぞれ、以下のような症状の英語の頭文字です。

高Ca血症  (Calcium elevation)
腎障害  (Renal insufficiency)
貧血   (Anemia)
骨障害  (Bone disease)

骨髄腫細胞から破骨細胞の働きを促進し、骨芽細胞の働きを抑制する物質が出るため、骨吸収が亢進し、高Ca血症や骨病変をきたす。

腎障害は、M蛋白が糸球体に引っかかり、沈着することで起こる。

貧血は、骨髄で骨髄腫細胞が増殖することで正常な造血が抑制されるため。

 

CRAB(クラブ)のゴロや覚え方は?

CRAB(クラブ)とだけ覚えていても何を意味するのかまったくわからないので、タコクラブと覚えましょう。

タコは、多発性骨髄腫(はつせいつずいしゅ)を意味します。

CRAB(クラブ)は、それぞれ症状の英語の頭文字です。

後は、CRABがそれぞれ何を意味するかを知っておけばOK。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA