111回医師国家試験

低カルシウム血症の症状と徴候

低カルシウム血症の症状

低カルシウム血症によって神経や筋の興奮性が亢進する。

その結果、様々な症状をきたす。

筋の興奮性が亢進することで、テタニーによるけいれんが起こったり、筋の興奮が亢進し、不整脈をきたすと考える。

そのため、筋の興奮を抑えて、不整脈を抑制するために、高Kや低Caではグルコン酸カルシウムを投与すると考える。

また、上腕をマンシェットで圧迫し血流を遮断することで助産師手位が出現するトルソー徴候や大脳基底核の石灰化が見られる。


出典:108I55

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA