腫瘍内科

トルーソー(Trousseau)症候群とは?わかりやすく解説

トルーソー(Trousseau)症候群とは?

トルーソー(Trousseau)症候群とは、悪性腫瘍が原因で血液凝固が亢進した結果、脳卒中が生じる病態のことです。

脳卒中

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などによって起こる発作。語源は、卒然として中(あた)るから。

腫瘍細胞は、サイトカインや組織因子などを分泌することで、血栓ができやすくなります。

血栓ができると、血流にのって、脳へと流れていき脳卒中を引き起こしてしまうのです。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA