感染症内科

溶連菌感染症とは?

溶連菌感染症とは?

溶連菌感染症とは、主にA群β溶血性連鎖球菌によって起こる。

溶連菌は、溶血性連鎖球菌の略。

β溶血性というのは、完全溶血をきたす溶血毒をもつということを示す。

また、A群β溶血性連鎖球菌の大部分は化膿性レンサ球菌である。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA