麻酔科

必ず知っておくべき輸液まとめ

輸液の種類ごとの細胞への分布

輸液の種類 分布
生理食塩水 全量が細胞外液
5%ブドウ糖液 細胞外液:細胞内液=1:2に分布
1/2生理食塩水(生理食塩水と5%ブドウ糖液を1:1で混ぜたもの) 生食は全量が細胞外液。ブドウ糖液は細胞外液:細胞内液=1:2に分布 。

輸液で覚えることまとめ

作用 種類
等張電解質輸液 細胞外液量を増加 0.9%生理食塩水
リンゲル液
乳酸リンゲル液
低張電解質輸液 細胞内液と細胞外液を増加 1号液(開始液)
2号液(脱水補給液)
3号液(維持液)
4号液(術後回復液)

等張電解質輸液は、0.9%生理食塩水、リンゲル液、乳酸リンゲル液の3つと覚える。

NaCl1gは何mEqか?

NaCl 1g=17mEq

生理食塩水0.9%の組成は、Na154、Cl154である。

これは1L中にNaClが17mEq×9g=153mEq入っているということから計算できる。

輸液の組成

Na K Cl P 乳酸 ブドウ糖
0.9%生理食塩水 154 0 154 0 0
リンゲル液 147 4 155.5   0 0
乳酸リンゲル液 130 4 109   28 0
1号液 90   70   20 2.6%
2号液 84 20 66 10 28 3.2%
3号液 35 20 35   20 4.3%
4号液 30   20   10 4.3%

生食とリンゲル、乳酸リンゲルは蘇生を覚える。

1〜4号液はどんどんNaが薄くなっていく。

Kが入っているのは2号液と3号液だけと覚える。

2号と3号はKが20mEq入っていることも重要!

1〜4号液はラクテートあり。

乳酸リンゲル液はリンゲル液に乳酸を加えたもの。

なので、リンゲル液は乳酸が0と考える。

出典:https://ameblo.jp/erikki-chann/entry-11298200901.html


出典:http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/kid/kid/resident/clinicallecture5.html

ざっくりと説明すると、0.9%生理食塩水や乳酸リンゲル液を5%ブドウ糖液で希釈して作ったのが、1〜4号液。

組成 Kの含有 用途
1号液 1:1で混合 なし 腎不全が疑われる時などに使用。とりあえず使える。(開始液)
2号液 1号液にK添加 あり 尿が出ている場合に排出されるKを補うために使用。
3号液 1:3で混合 あり 一定のペース(1日2L)で尿が出ていれば3号液点滴により一定の電解質を体内で維持可能。(維持液)
4号液 3号液からK除去 なし Kが含まれていないので腎不全や乳幼児で用いられやすい。

1:1で混合したものが1号液で、Kを含まない。

1号液にKを添加したものが2号液。

1:3で混合したものが3号液で、Kを含む。

4号液は、3号液からKを除いたもの。

輸液製剤の適応

脱水は、水分欠乏型脱水(高張性脱水)とNa欠乏型脱水(等張性脱水、低張性脱水)に大きく分けられる。

また、臨床では、水分とナトリウムの両方が欠乏した混合性脱水がよく見られる。

水分欠乏型脱水では、細胞外液だけでなく、細胞内液を含む体全体から水分が失われる。

なので、細胞内まで水分を補給できる3号液などの維持液類や5%ブドウ糖液などが投与される。

Na欠乏型脱水では、細胞外液のNaなどの電解質が失われ、細胞外の浸透圧が低下する。

それにより、細胞外液の水分が浸透圧の高い細胞内へ流入する。

この場合には、細胞外液に電解質を補うため、生食、リンゲル液、乳酸リンゲル液を投与する。

輸液製剤 適応
1号液 病態不明の緊急時、小児の嘔吐・下痢
3号液 経口摂取ができない患者の水分・電解質維持

体液の2つ存在部位は?

・細胞内液

・細胞外液(組織間液、血漿)

等張電解質輸液と低張電解質輸液の違い

輸液には、等張電解質輸液と低張電解質輸液がある。

等張電解質輸液とは?
電解質濃度が血漿とほぼ等しい

低張電解質輸液とは?
電解質濃度が血漿よりも低い


出典:https://www.otsukakj.jp/healthcare/iv/electrolytes/

等張電解質輸液は、浸透圧が体液とほぼ同じなので、細胞内へは移行せず、細胞外に分布する。

細胞外液量を増加させることから、細胞外液補充液と言われる。

生理食塩水、リンゲル液、乳酸リンゲル液がある。

Na K Cl Lactate(乳酸) ブドウ糖
乳酸リンゲル 130 4 109 28 0


出典:https://www.otsukakj.jp/healthcare/iv/electrolytes/

低張電解質輸液は、体液より浸透圧が低い液を輸液したことになるため、細胞内にも移行する。

体全体に水分を補給できる。

等張電解質輸液

電解質の浸透圧が体液とほぼ同じであるので、投与した輸液は細胞内へは移動せず、細胞外に分布して細胞外液量を増やす

血管内や組織間に水分・電解質を補給できる輸液と言える。

ゆえに、ショックなどで循環血液量を増やしたいときに有効。

例:生理食塩液、リンゲル液、乳酸(酢酸・重炭酸)、※リンゲル液

※リンゲル (1835~1910) が,カエルなどの心臓などを,長く正常に近い状態で保存するために使用したことから

 

低張電解質輸液

・体液より電解質濃度が低い輸液

・ブドウ糖を配合して浸透圧を等張にしている

・ブドウ糖は代謝されると水になるので、結果的には体液より浸透圧の低い液を投与したことになる

・組織間液・細胞内液などの体全体に水分を補給することが可能

・1~4号液のような維持液類がある

a等張電解質輸液

b2号液

c3号液

d3号液

1〜4号液をどういうときに使うかまとめる

 

参考

https://www.otsukakj.jp/healthcare/iv/electrolytes/

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA