腎臓内科

造影剤腎症の定義、リスクファクター、治療

造影剤腎症とは?

定義は、ヨード造影剤投与後、他の原因なく72時間以内に血清クレアチニン値が0.5mg/dL以上、または25%以上増加するもの。

腎機能低下は可逆的で7~14日でCrの値は元に戻る。

造影剤使用直後に見られるアナフィラキシーなどの造影剤アレルギーとは別であることに注意。

造影剤腎症のリスクファクター

腎機能

造影剤投与量

脱水:腎血流量が低下するので、糸球体濾過量が下がるから

高齢者:高齢者は加齢により腎機能が低下するから

利尿薬やNSAIDsの併用:腎血流量が低下するので、糸球体濾過量が下がるから

※気管支喘息の既往は関係ない。

造影剤腎症の治療

経時的な腎機能評価

一過性で元に戻るから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA