神経内科

バルプロ酸の作用機序

バルプロ酸の作用機序

抑制性神経伝達物質のGABAは、グルタミン酸脱炭酸酵素の働きなどにより合成される。

また、GABAトランスアミナーゼという酵素によって不活性化される。

バルプロ酸は、グルタミン酸脱炭酸酵素の活性低下抑制作用をもち、GABAの合成を促進する。

また、GABAトランスアミナーゼの阻害作用などにより、GABAの不活性化を抑制する。

これらの作用により、GABAの作用が増強されることで、脳内の神経細胞の過剰な興奮が抑制される。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA