循環器内科

不安定狭心症の病態、症状、治療

不安定狭心症とは?

今までは労作時のみだったのに安静時にも起こるようになるなど、発作の起こる状況や発作の頻度や強度が増悪してきた狭心症。

不安定狭心症の病態

冠動脈内のプラークの破綻により血栓が形成されることで、冠動脈が狭窄し、心筋が虚血となる。

不安定狭心症の原因

冠危険因子:

高齢、男性、喫煙

糖尿病、高血圧、脂質異常症

不安定狭心症の症状

数分から20分程度の持続する胸痛

放散痛:下顎、頚部、肩、左腕

不安定狭心症の治療

発作時と発作予防で分けて考える。

発作時:ニトログリセリン舌下投与、抗血小板薬(アスピリン咀嚼服用)、抗凝固薬(ヘパリン静注)

発作予防:

β遮断薬(心拍数と心収縮力の上昇を抑制して心筋の酸素消費を減少させる)

Ca拮抗薬(主に動脈を拡張させて、心臓の後負荷を軽減することで、心筋の仕事量を減少させ、酸素需要を減少させる)

硝酸薬(主に静脈を拡張させて心筋の前負荷を減少させることで、心臓の負荷が減少し、酸素需要を減少する)

スタチン

血行再建術:冠動脈造影後、PCIもしくはCABG

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA