111回医師国家試験

外科手術後に浮腫になるメカニズム

外科手術後に浮腫になるメカニズム

外科手術直後には、浮腫になることが多い。

メカニズムは、侵襲を加えたことで、炎症反応が起こり、血管透過性が亢進するため、血管内の水分が間質に移行するからだと考えられる。

また、術後は、安静状態であるので、筋ポンプ作用の低下による静脈還流が阻害されると考えられる。

結果として、血管内の水分が減少するため、頻脈、血圧低下、尿量低下などが見られる。

その場合は、循環血漿量を補うために輸液を増量する必要がある。

4.2.3.外科的手術後
侵襲的な治療を行った場合,急性期に浮腫を認める場合が多い。その原因としては,筋組織などを侵襲したことによる炎症反応に起因するものと安静のため不動に伴う筋ポンプ作用の低下が考えられる。人工股関節置換術や人工膝関節置換術に代表される下肢の術後には,静脈血栓予防のために間歇的空気圧迫装置(主に足背部を対象とするフットパンピング)が用いられ,早期から予防が行われている。ただし,外科的手術のなかでもリンパ節廓清をした場合においてはこの限りではないので注意すること

出典:https://www.jstage.jst.go.jp/article/mpta/21/1/21_1_32/_pdf

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA