呼吸器内科

過敏性肺炎の病態、症状、診断、治療

夏型過敏性肺炎まとめ

アレルギーの型 Ⅲ、Ⅳ
気管支肺胞洗浄液の所見 CD4/CD8比低下
リンパ球比率の上昇
IgEの変化 なし
経気管支肺生検の所見 類上皮細胞肉芽腫
換気障害の型 拘束性換気障害

 

夏型過敏性肺炎の病態

細気管支から肺胞を主座とするびまん性間質性肺炎。

真菌(かび)などを繰り返し吸い込むことで、アレルギー反応をきたして発症。

肉芽腫性炎症により、肺が拡張しにくくなる。

III型、IV型アレルギー反応を介して発症するため、IgEや好酸球比率は上がらないことに注意する。

過敏性肺炎の症状

特定の場所、時期に乾性咳嗽、発熱、呼吸困難。

入院などで環境が変わると自然軽快するが、一時帰宅すると抗原に暴露され、増悪するのが特徴。

過敏性肺炎の診断

胸部X線:びまん性すりガラス様陰影、粒状影

気管支肺胞洗浄液:CD4/CD8比↓

Ⅳ型アレルギーなのでキラーT細胞が増加する。

過敏性肺炎の治療

抗原のある環境から離れる。

重症例ではステロイド

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA