外科

便秘で肝性脳症がなぜ起こる?

便秘で肝性脳症がなぜ起こる?

肝性脳症は、タンパク質が腸管内で腸内細菌によって分解されて産生されたアンモニアが腸管から吸収されるが、肝機能低下により解毒できないため、血中アンモニア濃度が上昇して起こる。

便秘になると、腸管で腸内細菌によるアンモニアの産生が亢進するため、肝性脳症となる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA