神経内科

球麻痺とは?症状、原因は?

球麻痺とは?


出典:http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/cranial/

球麻痺とは、延髄から出る運動性脳神経に支配される筋の麻痺のこと。

延髄から出る脳神経はⅨ、Ⅹ、Ⅺ、Ⅻ。

例えば、延髄外側症候群で疑核が障害されると、球麻痺となる。

球とは、延髄の慣用語とのこと。

延髄を外から見るとボールみたいに丸くみえるからだといわれていますが、私はボールには見えませんでした。

球麻痺の症状は?

延髄には、舌、咽頭、口蓋、喉頭などの筋を支配する神経核があります。

そのため、球麻痺によって、以下のような症状が現れるのです。

・咀嚼困難(噛めない)

・嚥下障害(飲み込めない)

・構音障害(正しい発音ができない)

・発話障害(しゃべれない)

・発声障害(声が出ない)

 

球麻痺の原因は?

球麻痺の原因は多岐にわたります。

とにかく、延髄の神経核が障害されれば、球麻痺となるので原因がたくさんあるのは当然といえるでしょう。

遺伝性: 球脊髄性筋萎縮症、 急性間欠性ポルフィリン症
血管疾患: 延髄梗塞
変性疾患: 筋萎縮性側索硬化症、 延髄空洞症
炎症性・感染症性: ギラン・バレー症候群、急性灰白髄炎、ライム病
悪性腫瘍: 神経膠腫、悪性髄膜炎
毒性: ボツリヌス症、サソリ刺傷(特にセントルロイデス属のもの)、一部の神経性ヘビ毒
自己免疫性: 重症筋無力症

出典:球麻痺

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA