神経内科

MAO-B(モノアミン酸化酵素 B)とは?

MAO-B(モノアミン酸化酵素 B)とは?

MAO-B(モノアミン酸化酵素 B)とは、ドーパミンを分解するMAO(モノアミン酸化酵素)のB型のことです。

MAO(モノアミン酸化酵素)には、A型、とB型の2つのタイプがあり、脳内にあるタイプがB型となります。

そのため、脳内にあるドーパミンはMAO-B(モノアミン酸化酵素 B)によって分解されるということになるのです。

この作用を利用すると、MAO-B(モノアミン酸化酵素 B)の働きを抑えることで、ドーパミンの分解を抑制し、脳内のドーパミン量を増加させることができると考えられます。

その結果、作られた薬がMAO-B阻害薬になります。

あわせて読みたい
ドーパミンとL-ドーパの違いは?なぜドーパミンは血液脳関門BBBを通過できない?ドーパミンとL-ドーパの違いは? ドーパミンは、血液脳関門(blood-brain barrier, BBB)を通過できないのに対して...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA