節約

節約術!1カ月の支出・出費を5万円節約した8つの方法

あなたは月の支出が5万円節約できたらどう思いますか?

5万円を節約できるということは5万円が自由なお金として残るということです。

あなたはそのお金を貯金するもよし!好きなお洋服を買うもよし!

何でもあなたの自由に使うことができるのです。

つまり、5万円節約するということは5万円稼ぐということと同じなんですね。

それでは、今回は1人暮らしの私が月5万円節約した方法について書いていきたいと思います。

節約術1 クレジットカードでモノを買う

 

クレジットカードでモノを買った方が節約になるって知っていましたか?

私も昔は現金派でした。

クレジットカードを使うとなんだか買いすぎてしまうんじゃないのかって不安だったんです。

でも、実際そんなことありません。

むしろクレジットカードの方が安くモノが買えるんです。

というのも、クレジットカードでモノを買うとポイントがもらえるから。

例えば、楽天カードなら購入金額の1%がポイントとして付与されます。

なので、月10万円カードで購入したとすると1000円分のポイントがもらえるんです。

しかも、このポイントは楽天市場で1ポイント=1円として利用することができます。

楽天市場にはどんな商品でもありますから、実質1000円をもらえるのと同じなんです。

私はクレジットカードを10枚以上作ったことがありますが、メインに使っているのは楽連カードです。

他のクレジットカードだとポイントをもらえても景品としか交換してくれないところが多いです。

なので、楽天市場でポイントを有効に使うことができる楽天カードが1番だと思います。

また、楽天カードは入会特典として5000ポイント程度(時期による)もらえますから作るだけで得するというのもいいですね。

後、電気代などの光熱費の支払いもクレジットカードにするのもおすすめです。

クレジットカード払いにすることでポイントがつくだけでなく、コンビニに支払いに行く手間が省けるからなんですね。

みなさんお仕事で忙しい方も多いでしょうから、少しでも無駄なことを省く生活をすることをおすすめします。

節約術2 アマオクでamazonギフト券を買う

amazonでは、もはや手に入らないものはないほど多くの商品が売られています。

本、服、日用品までありとあらゆるものを買うことができます。

最近では、食品まで売られています。

このamazonの全商品を8%オフで買うことができる裏技があるのを知っていましたか?

アマオクというamazonギフト券の売買サービスを利用すれば、amazonギフト券を安く買うことができるんです。

割引率は常に変動していますが、大体Amazonギフト券の額面の91%~92%で買うことができます。

例えば、以前私はアマゾンで1万円の炊飯器を購入しようとしたのですが、その際にアマオクで10000円分のAmazonギフト券を9100円で購入しました。

そして、そのギフト券を使ってamazonで炊飯器を購入したんです。

ひと手間かかりますが、たった5分の手続きで900円節約することができました。

これは、これからamazonで買い物をするときに毎回使える裏技です。

今後毎回使っていくと年間にすると5万円以上、10年で50万円以上の節約になるのではないかと思います。

みなさんもぜひ活用して節約に挑戦してほしいですね。

節約術3 学生ならamazonスチューデントに入る

あなたが学生ならamazonスチューデントというとてもお得な制度があるんです。

目玉はamazonの全ての書籍を買うと、10%ポイントがもらえるというもの。

さらに、通常のポイントも1~3%つきます。

なので、実質11~13%引きで新品の書籍を買うことができてしまうんです。

学生だと教科書代が結構かかったりしますよね。

絶対にamazonスチューデントに登録したほうがお得ですよ。

節約術4 自炊をする

外食が当たり前になっていませんか?

毎回の食事を自炊にするだけで月3~5万円の節約が可能です。

外食は安くても1食500円程度かかります。

なので、1日3食すべて外食の方は、1日1500円~2000円の食費がかかることになるのです。

これは一か月で考えると、月45000円~60000円の食費がかかる計算になるのです。

すべて外食の場合 すべて自炊の場合
1日の食費 1500~2000円 500~1000円
1カ月の食費 45000~60000円 15000~30000円

私も学生の頃は実家からの仕送りがあり、バイト代もすべて自由に使えたのですべて食事は外食でした。

あの頃に自炊をしていたとしたら、今頃100万円以上の貯金があると考えるとほんとに外食がいかに無駄な出費かということが分かると思います。

節約術5 居酒屋でなく宅飲みにする

みなさんも経験あると思いますが、宅飲みだとめちゃくちゃ酒代が安くつきます。

居酒屋に行くと店によりますが、3000~5000円なんてすぐに吹っ飛びますよね。

しかし、宅飲みだと家で料理を作れば1人当たり1000円程度で済むのです。

これは考えてみるとすぐにわかります。

大体居酒屋の中ジョッキは泡を抜くと、300mlのビールが入っているんです。

それが、居酒屋では500~700円します。

しかし、コンビニでビールを買うと350ml缶のいいやつでも200~250円程度ですよね。

つまり、居酒屋ではお酒を飲めば飲むほど損するんです。

居酒屋 コンビニ
ビールの値段 500~700円(300ml) 200~250円(350ml)

もちろん、居酒屋やバーなどのおしゃれな雰囲気でお酒を飲むことの楽しさは私も知っています。

ですが、雰囲気料としてはあまりにも高い値段なのではないでしょうか?

単純に節約という視点で考えると、お酒は宅飲みが1番なんです。

節約術6 スマホを格安SIMにかえる

スマホをmineoなどの格安SIMに変えることで月7000円の節約になります。

私はもともと高校生の頃から10年間au一筋を貫いていました。

しかし、近頃、携帯代が月10000円を越えていることに気づき節約法を探したところ格安SIMに変えるという方法にたどり着いたのでした。

スマホの機種はそのままで携帯のキャリアだけmineoに変えただけでスマホ代が月3000円になりました。

つまり、月7000円の節約になったということです。

このことに衝撃を受けた私は、父と母のスマホもmineoに変えてしまいました。

その結果、家族単位で月2万円以上の節約。

年間で24万円以上の節約となりました。

スマホ代が月10000円って完全にぼったくりだと私は思います。

auは利益を得すぎですよ。

それか無駄なCM代などに消費者のお金は消えているのでしょう。

節約術7 服はセールかメルカリで買う

私は結構服にはこだわる方でして、そこそこいいブランドの服を着たりしています。

なので、定価で買うと数万円することもあるんです。

ですが、だいたいメルカリで買うか、セールで購入しています。

メルカリには、新品で購入したけど、サイズが合わなかった人が格安で商品を出品していることが多くあります。

なので、新品をかなりの安値で買えることが少なくないのです。

また、服は8月末や1月末のセールの底値で買うようにしています。

ブランドによりますが、冬の1月末のセールだとコートが70%になるブランドも多くありますので、この時期に来季の冬物を購入しておくとかなりの節約になります。

注意してほしいのが、流行りもののデザインのものは買わないようにした方がいいということです。

あくまで来年に主力として着る服を買うことになりますから、今年だけ一時的に流行っている服を買うよりも流行に左右されずに着ることができる服を買った方がおしゃれだからです。

節約術8 コンビニATMは使わない

コンビニATMで現金を下ろす人をよくみかけます。

でも、ゆうちょ銀行だと時間帯によっては、216円もお金がかかるんです。

自分のお金を引き出すのにお金がかかるんですよ。

こんなに馬鹿らしいことはないと思います。

私はあまり現金を持ち歩くのが好きではないので、財布には最低限のお金しかいれていません。

なので、仕方なくコンビニATMで216円もの手数料を払ってお金を引き出すということがよくありました。

多い時では月10回ほど引き出していたのではないでしょうか?

そうだとすると、1カ月で自分のお金をおろすためだけに2160円の手数料を支払っていたことになります。

はあ・・・

もったいないですね。

このブログを見ている節約家の方は絶対にコンビニATMは使わないようにしましょうね。

お金が必要なときはあらかじめ、郵便局のATMで無料で引き出すようにしましょう。

もしくは、余分に財布にお金をいれておくというのもいいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA